オンラインショップはこちら

じゃれずにいられない

アイシュちゃんは遊びが大好き。
もうすぐ2歳になるというのにおもちゃに対する反応はまったく落ち着きを見せず、いつでも子猫並みの激しさでじゃれます。

 

おもちゃだけじゃなく、フロド君サム君の尻尾にも毎日飽きずにじゃれていて、物陰から尻尾がちょこっと見えていたら即お尻フリフリで飛びついたり、走りながら素早くパンチをしたり、ゴロンゴロン転がりながら格闘したり…ということを延々繰り返すんです。

そんな時フロサムは子猫をあやすように尻尾を振って遊んであげています。

 

最近のブームは、キャットタワーで日向ぼっこ中に隣のダンボールハウスの上で寝ているサム君の尻尾で遊ぶこと。

サム君の尻尾の毛が毟られて宙に浮いている瞬間を撮っていました。

 

さらにこちらの写真は毟られた毛がアイシュちゃんの手にいっぱい付いています(笑)

 

手で掴んでガブガブ。

 

そろそろ飽きてきたっぽい…。

 

惰性で触れてみるけど視線はよそに。

 

そして、そのままの体勢で寝る(笑)

大人になっても無邪気で子猫みたいなアイシュちゃんですが、小さい時のひどい噛み癖は完全になくなっていて、今は私の手にじゃれても絶対に甘噛みしかしません。

しかもカプっと噛んだ後は必ず「痛かった?大丈夫?」という感じで、両手で私の手を掴んでペロペロ舐めてくれるんですよ。
んも~可愛い!

気性の激しい子でどうなることかと心配していたけど、甘えん坊で優しくて賢くて手のかからない良い子に育ってくれて本当に良かったです。