オンラインショップはこちら

ママみたいに面倒見の良いサム君

以前「荒ぶる女王様の変化」という記事でお話したように、フロサムにベタベタすることなんてほとんど無かったアイシュちゃんは、避妊手術の日を境に急に2匹に甘えるようになりました。

元々、ごくごくたまに一緒に寝ているのはほぼフロド君で、サム君に対しては遊んでいる時以外ほぼ近寄らず、たとえばアイシュちゃんがくつろいでいたり寝ていたりするところにサム君の方から寄って来れば、慌てて逃げ出すというなかなかの嫌がりっぷりだったんです。

それが今ではフロド君より断然サム君大好き!となってしまいまして…。
どんな心境の変化があったんでしょうかねぇ。本当に不思議。

毎日のように「サム兄ちゃ~ん」と寄って行ってはモフモフの襟毛にぎゅーっと顔をうずめて甘えています。
その仕草の可愛いこと可愛いこと。
見ている私はとても人様にはお見せできないような緩みまくった顔になっているはずです。

サム君は面倒見が良いので、毎日フロド君とアイシュちゃんの毛づくろいをしてあげています。
しかもとても上手。

フロド君なんて毛づくろいが嫌いでいつも薄汚れているので(なぜか他の子のことは一生懸命舐めてあげてますけど)、サム君がいなかったらどうなっていたことか。

まるで2匹のママみたいな感じですね(笑)
パパよりママの方がしっくりくる、大きくて柔らかな母性を感じるお世話っぷりです。

そんなサム君の優しさを、アイシュちゃんは避妊手術の日にやっと理解できて、その途端ベッタリ甘えん坊になってしまったというところでしょうか。

ちなみにサム君は私のこともキレイキレイしてくれますよ。
手を舐めてくれるのはどの子もすると思うんですけど、サム君は顔まで舐めるんですから。

私が床に座っていると真正面に来て両肩に手を乗せて立ち上がり、ゴロゴロと大音量で喉を鳴らしながら、犬のように私の鼻や顎や口の周りをべろんべろんと舐めてくれます。
いや、ザリザリの舌がけっこう痛いですけど、愛情表現だと思って少しの間は我慢しているんです。

そして、いつも皆をキレイにしてくれるサム君を、私は毎日丁寧にマッサージ&ブラッシングして労っています。
サム君の甘え方はハンパなく激しくて、でんぐり返しをするくらいに激しくゴロンゴロン転がりまくるので、ブラッシングはなかなか大変ですけどね(笑)