オンラインショップはこちら

アイシュちゃんの受難

今日も天気が悪く写真撮影が出来なかったので、新作プレビューはお休みさせていただきますね。
そしてそして、お久しぶりの猫写真。

アイシュ:ママ助けて。ちょー重いしウザいんだけど。
サム:まあまあ、すぐに慣れるから気にしないで。

サム君はいつも、下に何があろうと誰がいようと自分の寝たい場所で寝ます。
(以前こちらの記事ではフロド君の上に寝ている様子をご紹介しました)

アイシュ:なんでわざわざそこに寝るんだろ…。
サム:でも意外と平気でしょ?

アイシュちゃんがまだ小さかった頃はサム君も本当に色々と気を遣ってくれていて、こんな風にクッション扱いすることなんてなかったんですが…。

3kgを超え大人の体格になった今のアイシュちゃんに対しては、子猫の時とは明らかに扱い方が変わってきました。
(とは言えプロレスごっこの時は今でもかなり手加減してくれていますけどね)

アイシュ:早くどいてくれませんかマジ迷惑です。
サム:ほら見て、あっちにチュンチュンがいるよ。

ちなみに2匹の体重はアイシュちゃん3.1kg、サム君5.2kgです。
絶対に、かなり重いはず。

サム:ふわあぁ、ぼく眠くなってきたかも。
アイシュ:重い。ほんと重い。ものすごくウザイ。

サム:アイシュちゃんも一緒に寝んねしようね。
アイシュ:いや無理だから。息苦しくてとてもじゃないけど寝られないから。

数分後、重さとウザさに耐えきれず脱出してきたアイシュちゃん。
お気に入りの寝場所を取られてしまって可哀相なので、いいこいいこして慰めてあげました。

アイシュちゃんって撫でられると本当に幸せそうな顔をするんですよ~。
もうニッコニコって感じの顔をするので、こちらも目尻が下がりまくりです。

ちょっと触ればすぐにガブガブケリケリで抱っこなんてとんでもなかった頃が嘘のように、抱っこ大好きでなでなで大好きの甘えんぼちゃんになっています。

はぁ~、きゃわえええ~っ♪