オンラインショップはこちら

アイシュちゃんを里子に出す決断

先日の新作もたくさんのご注文をいただきありがとうございました!
ただ今ご注文が混み合っておりお届けまで少し時間をいただいてしまいますが、今しばらくお待ちください。
※本日までにご入金確認が取れているお客様は、発送業務休止期間前に発送手配をさせていただく予定です。

寝ている時以外は荒ぶりまくりのアイシュちゃん、やっと正面からお顔を撮ることができました!
赤ちゃんの時のぽやぽやした感じがなくなってきて、随分シュッとした顔つきになっているでしょう?

これは1か月前の写真。
ぽやぽやでむっちりで、赤ちゃんらしい姿ですね。

このころと比べて、身体の大きさだけでなく運動能力も感情表現も何もかもが日ごとに成長しているのが分かって、見ていて楽しいし感心してしまいます。

こうして見ると手足も長くなって随分大きくなったのが分かりますね~。

今はまだ隔離生活なので、フロド君サム君の時と同じような(当時の記事はこちら)手作りの大型ケージで過ごしてもらっているんですが、一人でもタワーとおもちゃを上手に使ってひっじょーに激しく遊んでいますよ。

ゴム紐で下げたおもちゃに、下から飛びついたりタワーの上から狙ってダイブしたりと、ひたすらピョンピョンアタックし続ける遊びがお気に入り。

激し過ぎてケージのワイヤーネットにごんごんぶつかりまくっていますが、全く痛く無さそうな様子で飛び跳ね続けています(笑)

タワーから落ちても痛くないようにとふわふわマットを敷いてあげているのに、隙あらばほじくり返して潜ってかくれんぼ。
最近はその下に自分でおもちゃを入れて、わざと取りにくくして遊ぶのもブームです。

さて、保護した当初からほぼ決めていたんですが、アイシュちゃんは里親さんを探すつもりです。
すっかり情が移ってしまっているけど(汗)、一人暮らしな上に不安定な自営業の自分には、これ以上猫が増えても責任を持てる自信がありません。

一人暮らしでもたくさんの子を飼育している方が多くいらっしゃることは分かっていますが、人は人、私は私の判断基準があるわけで、私の基準では今の自分がこれ以上猫を増やすのは無責任ということになってしまうんです。
いざという時に3匹もの猫を守り切れる自信が持てないというのが正直な気持ちです。

フロド君サム君の時は保護直後は里子に出すつもりだったけど、2匹で頑張って生き延びた仲良し兄弟を引き離すのが忍びなくて(複数頭一緒にというのはなかなか難しいんですよね)、2匹までならなんとかなるだろうと自分に言い聞かせ思い切って引き取ることにしました。

そして今、サム君は膵炎という爆弾を抱えていて、今後再発すればどれほどの医療費が必要になるか分からないし、フロド君にもちょっと気になる症状が出ていて、これがいずれ病気(原因特定も治療も困難な病気)というレベルに悪化してしまった時のことを考えると、現状では新たな子を迎えることは精神的にも経済的にもとても難しいんです。

だから、アイシュちゃんを安心してお任せできそうな素敵な里親さんを見つけたいと考えています。
本当に手のかからない賢い良い子だし、お顔も可愛いし、良いご縁があることを期待しています♪

※血液検査もワクチンもまだ先になるので、来月に入ってから正式に募集を開始する予定です。