オンラインショップはこちら

たまには一人でゆっくりしたいフロド君

予定していたお守りアクセサリーのご紹介ですが、
今日はあいにくのお天気で写真撮影ができなかったので
明日また晴れ間を見計らって撮影してご紹介させていただきます。

代わりに今日は猫たちの写真を。

キャットタワーで思い思いにくつろぐ2匹。
普段はほとんどサム君が占領している最上段に、この日はフロド君が。

私:フロドくーん、良かったねぇ一番上で寝んね出来て♪

フロド君:なんか慣れなくてソワソワするけど…。

 

フロド君:眠くなってきたよ…今日はこのまま一人ゆっくり寝られるかな。

 

フロド君:…と思った僕が間違ってました。
サム君:やっぱりフロド君の上は暖かいねー。

(いつものことですがサム君は体勢やらスペースやらを全く気にせず
どすーんとフロド君の上に乗ってしまいます)

(重くて苦しかったのか反対側に顔を出したフロド君)
 

フロド君:あぁ苦しかった。やっぱり一人でゆっくり寝るなんて無理な話なんだ…。

 

サム君:あれー?なんかご機嫌斜めなの?ねぇどうしたの?
フロド君:…(重い)

毎日毎日、思うがままに行動して我が道を行くサム君と、
何をされても怒らず優しく受け入れてあげるフロド君。
ただ、サム君はこう見えてとても面倒見が良くて、
ほとんど毛づくろいをしないばっちぃフロド君を
いつも丁寧に舐めてピカピカにしてくれているんですよ。

一つのおもちゃを2匹共気に入ってしまった時などは
先にフロド君が遊び終わるまでじーっと待っているし、
やっとサム君が遊び始めてもフロド君が横から狙っていると
チラチラ横目で見て気にして結局譲ってしまったりと、
明らかにフロド君を優先しているんです。

持ちつ持たれつというか、色々とうまい具合にバランスの取れた
2匹だなぁと感心すると共に、そんな様子がまた可愛くて仕方ありません。