オンラインショップはこちら

ネックウォーマー?

テト君、ただ今冬のオシャレを楽しんでおります!(ウソ)

背中の傷口を舐めてしまうのを防ぐために、
可哀想にこんな恰好をされられています(涙)
(事の経緯はにゃんぴーの記事をご参照くださいませ)

病気の方は、毎日の薬と2週間に1度の検査を続けていて、
今のところなんとか普通の生活が送れています。
とはいえ、前回の検査で甲状腺ホルモンの数値が下がりきらず
薬を増やしたところ、今度は下がりすぎて低下症の状態と
なってしまいまた薬を減らすという状況。
ちょうど良い薬の量を決めるのはなかなか難しいようです。

幸い、低下症による顕著な体調不良というのは見られませんが、
何らかの処置が必要なほどの変化は起きていないにしても、
やはり本人(本猫?)は確実に辛い思いをしていると思うのです。
本当なら食欲もなくなってしまうほどの数値だそうですから…。

こんな小さな身体で必死に闘っているテト君を見ていると、
自分ももっと色々なことを必死に頑張らなくちゃと思わされます。
動物の、ただただ純粋に、とにかく生きようとするその姿に、
教えられることは本当に多いです。
可愛いとか癒されるとかそういうことだけではなく、
動物と暮らすことのメリットってたくさんあると思います。

そんなありがたい存在だからこそ、私は、愛情だけでなく
感謝の気持ちを持ってテト君と暮らしているつもりです。

また2週間後に病院です。
今度はもっと正常値に近づいていますように。
がんばれテト君!!