オンラインショップはこちら

テト君の病気のこと

テト君は病気のせいで、この写真のように明るい場所でも
瞳孔が開いたままのまん丸で真っ黒の眼です。
だから眼に入る光の量を調節できず、光を正面から受ける時は
とても眩しそうに眼を細めます。

腎不全と、腎不全が要因の高血圧と、高血圧が要因の緑内障。
いくつもの疾患を抱えながら、この小さな身体でがんばっています。

けれど、ぱっと見はいたって元気なんですよ。
食欲も旺盛、おしっこもうんちも毎日問題なく絶好調!
おじいちゃんだけどまだまだ遊びも現役で、大はしゃぎで
おもちゃと格闘するし、一日何往復も階段の上り下りをします。

腎不全は、幸い”余命幾ばくもない”という段階ではなく、
療法食と毎日の薬、定期的な検査とその結果の数値に
沿った治療などを続け、少しでも進行を遅らせることで、
まだ何年も生きられる可能性が高いという状態です。

眼は、今は素早く動くおもちゃを上手にキャッチすることが
できるくらい見えています。
今後少しずつ見えなくなっていき、いずれ失明の可能性も
あるのですが、進行の度合いは腎臓と血圧の状態次第と
いうことでしょう。

病気に気づいた時、もう長くは一緒にいられないかも
知れないと思って、わんわん泣きました。
検査結果から少し希望が見えてきて、今度は安堵の涙。
この、日向ぼっこ中の幸せそうな顔を見ていて、また涙。

気がつけば12年も一緒にいて、本当に家族といえる存在です。
12年間毎日、かわいくてかわいくて仕方がありません。
平坦とは言い難い自分の人生において、テト君の存在に
救われたことが何度もありました。

私のケア次第で、少しでも長く生きられるのだったら、
全力で臨むのみ。
まだまだずーっと、一緒にいたいですからね。

がんばろうね、テト君。